§ 銀杏について §

銀杏の効能

高血圧緩和に銀杏

銀杏本舗の第1号

銀杏本舗の第1号となる苗木

「ギンナン」の漢字は「銀杏」と充てますが、原産は中国中部地域といわれており、中国語に由来するものですが、イチョウは古代からある種で、約2億年前から栄え、1科1属1種で他に似た木樹はありません.

イチョウはキウイフルーツと同じく雌雄異株で雌株の花はあまり目立たちませんが、秋になる実は熟すと異様な臭いを放つのが特徴です.

イチョウの実(種子である堅い殻を取り除いたもの)が「ギンナン/銀杏」で食用になるものです.

イチョウの葉や実「銀杏」の栄養価値は高く、エネルギー効率のよい炭水化物やアミノ酸、バランスの取れるタンパク質のほか、ミネラル類では鉄分とカリウム、β1カロテンやビタミンA、B、Cが豊富に含まれています.

実の含有成分のひとつであるカリウムは動脈硬化や脳出血、心肥大などの誘発誘因のひとつとされる高血圧症の緩和作用があるといわれ、摂取することでナトリウムの排せつを促す役目も果たしてくれます.

食することで、免疫力を高める働きにより、膀胱や肺を涅める薬効から漢方的には頻尿や夜尿症の改善、また、咳止めやぜんそくの緩和にも効能があるそうです.

銀杏特有の臭いは実の殼の中にある「胚乳部分」から漂うもので、熟して地面に落下したものや潰れたものから発生するものです.

当本舗では生産の段階で臭いの素となる胚乳部を洗浄、乾燥を行い臭いを取り除きますが、生モノですから完全な無臭状態になることは難しく水分含有内に多少は残りますが気になるほどのものではなく、それが銀杏の特徴です.

食べるときは必ず火を通し、美味しいからといって食べ過ぎにはご注意を!
アルカロイド成分を有し、嘔吐や呼吸困難を起こすことがあり、一度に食べる量としては子供は5粒程度、大人でも10粒までに抑えてください.*東京スポーツH18/06/10に加筆、掲載

医薬品原料としての銀杏

銀杏葉のエキスが欧州ではアルツハイマー病や脳血管性痴呆症治療のための医薬品原料として用いられています.

その含有成分「ギンコライド」という物質は銀杏の葉にしか含まれておらず、血液内の血小板が固まるのを抑え、血液をサラサラにすることで血栓のリスクを減らす作用があるそうです.

同じく葉に含まれる「フラボノイド」は、毛細血管を拡張して血流を促す役目を持ち、これら 2つの相乗効果によりボケ防止効果が期待できるそうです.*夕刊フジH18/12/15掲載

銀杏の種類

久 寿 (きゅうじゅ)/中生

久寿銀杏

愛知県の在来種で、高接ぎ 6年頃から実り始め、殻のキメは細かく乳白色で円形をしています.苦みが少なくモッチリとして食感は良いですが、貯蔵性に欠けています.

籐九郎 (とうくろう)/晩生

籐九郎銀杏

大型で豊円形をしていて皮は薄く、殻のキメはやはり細かく、割りやすいのが特徴で、品質・味と共に良好で、貯蔵性に富み多く出回っている品種です.

藤九郎銀杏の由来について、かつては瑞穂市穂積地区に住んでいた井上藤九郎氏(1795~1870)宅にあった親木から接木したもので、その原木となる銀杏が瑞穂市只越地区にある西蓮寺の境内にあります. 樹高15m・目通周囲2.6m・根元の周囲約3mの原木で、岐阜県の指定天然記念物に指定されています.

喜 平(きへい)/中早生

他品種に比べ大粒系で1つぶ5~6gあり、粒ぞろいが良く、九月下旬には収穫、集荷が終了してしまう.日持ちが良く、低温での長期貯蔵も可能である.

現在、銀杏本舗で育成中の苗木で、再来年頃から出荷が見込まれている品種です.

銀杏の加工

銀杏選別機

銀杏選別機

銀杏選別機

改良・加工を加えた銀杏選別機です.所定の網サイズで振り落とされる仕組みになっています.

下のボタン "銀杏になるまで" をクリックすると銀杏本舗の作業風景がご覧になれます.

おいしい銀杏になるまで

美味い食べ方// 其の壱

銀杏は小粒で甘く、素材の風味を活かしてそのまま炒って食べたり、塩を振りかけると余計に甘味が増したりで、お酒のツマミなどに良く食されています.
また、ひと工夫を加えることにより、より美味しく頂ける銀杏の調理法をお試しください.

銀杏の炊き込みご飯

材 料:

米 1合に対して銀杏 9個まで.日高昆布 2切れ、酒、塩は適量

作り方:
銀杏割り//
まずは銀杏を割ります.プライヤーなどをもちい、大きく開いて殻を割ります.薄殻なので余り力を入れずに簡単に割れます.
皮むき//
次に薄皮をむきます.湯むきの場合は、銀杏を入れた網にお湯を掛けて流すときれいに簡単に剥けます.
炊 飯//
研いだお米に日高昆布、酒と塩は控え目に入れます.少なめの水で 1時間くらい置いてから炊飯します.
炊上がり//
昆布は別に取出します.銀杏の香りが漂い、噛むとお口いっぱいに美味しい甘さが広がるはずです.